アップルストアのデメリット

各店舗での修理はできない

iphoneは高い技術と使いやすさが魅力的で、世界中に多くのユーザーがいます。そんなiphoneですが、落下や水没などのアクシデントに弱く、場合によっては破損する可能性もゼロではありません。むしろ、街中で、画面がバキバキに割れた状態で使っている方を見かけるように、よくあるトラブルの1つです。
そんなiphoneの修理は、正規店、つまりアップルストアで修理する方法と、スマホ修理を専門とする修理業者に依頼する2つの方法がありますよね。多くの方が、正規店で修理した方が安心と考えます。しかし、アップルストアに依頼した場合、各店舗で修理するわけではありません。各店舗から、アップルの修理センターへ送り、そこで修理作業をします。一方、修理業者の中には、その店舗で修理してくれる店があるのです。つまりアップルストアの方が、それだけ修理期間が長くなってしまう可能性がありますよ。

買い直す方が得な場合もある

続いては修理費用の総額です。アップルストアの場合、修理に使う部品は正規部品ですよね。したがって、格安部品よりも値段は高くなります。つまり修理費用の総額も、決して安くない金額が必要で、値切り交渉はほぼ不可能です。正規店での修理は、それだけ厳格な決まりの元で行われます。 一方の修理業者は、ある程度の融通が効く可能性があるのです。安い部品で代用してもらえるかもしれませんし、値切り交渉で修理費用を安くしてもらえるかもしれません。ただし、すべての修理業者が対応してくれるわけではないので注意しましょう。事前によく問い合わせてから依頼する方法が安心ですよ。 以上が、アップルストアで修理する際の注意点です。もちろん、アップルストアもデメリットばかりではないので、それぞれの良さをよく理解してから依頼してみてください。

iphoneの修理を銀座で頼むなら中心街にある百貨店内にあるショップが最も交通アクセスがよく便利です。